動脈硬化を改善させよう
水素と酸素の力
Check!
動脈硬化の原因と症状
動脈硬化とは
Point
1

動脈硬化の症状

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈内部にコレステロールや脂肪が蓄積し、その後炎症が起こって血管が狭くなり、硬くなる病気のことを指します。

主に高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が原因となり、血液循環に障害を引き起こします。

この状態が進行すると、血管内部に血栓ができたり、血管が破れたりすることで、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こすことがあります。

動脈硬化は、健康な生活習慣や医療機関での適切な治療によって、予防や進行の遅延が可能な病気です。

 

動脈硬化の症状

初期の段階では、動脈硬化による症状はほとんど現れません。しかし、動脈硬化が進行すると、以下のような症状が現れることがあります。

1.胸部痛:心臓の動脈が狭くなることで、心臓に酸素が不足し、胸部に痛みや圧迫感を感じることがあります。

2.息切れ:心臓や肺に酸素が不足するため、息切れを感じることがあります。

3.頭痛:脳に血液が十分に行き渡らないため、頭痛を感じることがあります。

4.眩暈:脳に酸素が十分に行き渡らないため、めまいを感じることがあります。

5.下肢の痛み:足の動脈が狭くなることで、足の痛みやしびれを感じることがあります。

6.発作:動脈硬化が進行すると、血管が詰まることで心筋梗塞や脳梗塞などの発作を引き起こすことがあります。

これらの症状が現れた場合には、早期に医療機関で診断を受けることが重要です。また、健康的な生活習慣を実践することで、動脈硬化の進行を予防することができます。

Point
2

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因

動脈硬化の主な原因は、以下のような生活習慣や疾患などが挙げられます。

1.高血圧:長期間にわたって高血圧が続くと、血管が収縮し、血管内の血液流量が悪くなるため、動脈硬化を引き起こすことがあります。

2.高脂血症:血液中のコレステロールや脂肪酸の量が過剰になると、血管内に蓄積し、動脈硬化を引き起こすことがあります。

3.糖尿病:高血糖が長期間続くと、血管の内壁にダメージを与え、動脈硬化を引き起こすことがあります。

4.喫煙:タバコに含まれるニコチンや有害物質が、血管内壁にダメージを与え、動脈硬化を引き起こすことがあります。

5.過剰なアルコール摂取:過剰なアルコール摂取は、高血圧や肥満、高脂血症などのリスクを高め、動脈硬化を引き起こすことがあります。

6.運動不足:運動不足は、肥満や高血圧、高脂血症などの生活習慣病のリスクを高め、動脈硬化を引き起こすことがあります。

これらの原因によって、動脈内壁にコレステロールや脂肪が蓄積し、炎症が引き起こされることで、動脈硬化が進行します。健康的な生活習慣を実践することで、これらのリスクを低減することができます。

Point
3

動脈硬化の治療法

動脈硬化の治療法は、主に以下のようなものがあります。

1.薬物療法:高血圧、高脂血症、糖尿病など、動脈硬化の原因となる疾患を治療するために、薬物療法が行われます。例えば、血圧を下げる降圧剤や、コレステロール値を下げるスタチン剤などが使われます。

2.手術治療:重度の動脈硬化や、狭窄が進行した場合には、手術治療が行われることがあります。具体的な手術としては、冠動脈バイパス術やステント留置術、カテーテル治療などがあります。

3.生活習慣改善:動脈硬化の進行を遅らせるために、生活習慣改善が重要です。具体的には、適切な食生活の実践、運動習慣の確立、禁煙、過剰なアルコール摂取の抑制などが挙げられます。

 

動脈硬化の治療は、病状の進行状況や病因によって異なります。適切な治療法を選択するためには、医師の指導を受けることが重要です。また、治療の一環として、定期的な健康診断や血液検査を受けることも大切です。

動脈硬化

動脈硬化と診断されたら

動脈硬化と診断された場合、まずは医師の指示に従って治療を行うことが大切です。以下に、動脈硬化の診断後に行うべきことをいくつか紹介します。

1.生活習慣の改善:動脈硬化の進行を遅らせるために、禁煙、適度な運動、バランスの良い食生活など、生活習慣の改善が重要です。

2.定期的な医療チェック:動脈硬化に関連する疾患の予防や早期発見のために、定期的に医療機関を受診することが必要です。定期的な血液検査や心電図検査、超音波検査などが行われます。

3.薬物療法の実施:動脈硬化の原因となる疾患を治療するため、医師から処方された薬物療法を正しく実施することが重要です。

4.ストレスマネジメントの実践:ストレスは動脈硬化を進行させる原因の1つとされています。ストレスマネジメントの方法を学び、ストレスを軽減することが大切です。

5.家族への周知:動脈硬化は遺伝的要因も関与するため、家族にも周知し、家族全員が健康的な生活習慣を実践することが望ましいです。

動脈硬化は、進行すると深刻な合併症を引き起こすことがあるため、早期発見と治療が重要です。医師の指導を受けながら、生活習慣の改善や適切な治療を行い、健康な生活を送ることが大切です。

動脈硬化の予防法

動脈硬化の予防法には、以下のようなものがあります。

1.禁煙:喫煙は動脈硬化の原因の1つとされています。禁煙することで、動脈硬化のリスクを減らすことができます。

2.適度な運動:運動によって血管の柔軟性が増し、血流が改善されるため、動脈硬化の予防に効果的です。適度な運動を習慣化しましょう。

3.バランスの良い食生活:食生活によっても動脈硬化のリスクが増減します。バランスの良い食生活を心がけ、食事に適量の野菜、果物、魚介類、豆類を取り入れることが重要です。

4.ストレスの軽減:ストレスは動脈硬化を引き起こす原因の1つとされています。ストレスを軽減するために、十分な睡眠やリラックスする時間を作ることが大切です。

5.高血圧、高コレステロール、糖尿病の管理:これらの疾患は、動脈硬化のリスクを高める要因となるため、適切な治療や生活習慣の改善が必要です。

動脈硬化は進行すると合併症を引き起こす可能性があります。早めの予防に取り組み、健康的な生活習慣を実践することが大切です。定期的な健康診断も受けるようにしましょう。

動脈硬化に効く食べ物

動脈硬化に効く食べ物は、以下のようなものがあります。

オメガ-3脂肪酸が豊富な食品: オメガ-3脂肪酸は、魚(サーモン、マグロ、ニシンなど)、アーモンド、くるみ、亜麻仁などに含まれています。オメガ-3脂肪酸は、動脈硬化を予防する効果があるとされています。

食物繊維が豊富な食品: 食物繊維は、野菜、果物、穀物、豆類に多く含まれています。食物繊維は、コレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する効果があるとされています。

ポリフェノールが豊富な食品: ポリフェノールは、紅茶、緑茶、赤ワイン、カカオ、ビワなどに含まれています。ポリフェノールは、血管を拡張させ、血流を改善する効果があるとされています。

カリウムが豊富な食品: カリウムは、バナナ、アボカド、スイカ、さつまいも、じゃがいもなどに含まれています。カリウムは、高血圧を改善する効果があり、動脈硬化を予防することにもつながります。

ビタミンCが豊富な食品: ビタミンCは、レモン、オレンジ、キウイ、ブロッコリー、トマトなどに含まれています。ビタミンCは、血管を強化する効果があるとされています。

以上のような食品をバランスよく摂取することで、動脈硬化を予防することができます。しかし、食品だけで完全に予防できるわけではないため、健康的な生活習慣を実践することも重要です。

お気軽にお電話でご連絡ください
06-4305-3236 06-4305-3236
受付時間:10:00~19:00
Access

あなた様のご来店をお待ち申し上げております。

概要

店舗名 Purety(ピュアティ)プライベート脱毛サロン(女性専門脱毛サロン)
DrカイロプラクティックINOUE
住所 大阪府大阪市平野区瓜破西3-10-16
電話番号 06-4305‐3236
営業時間 通常 13:00~17:00
プライベートサロンにつき完全予約制
定休日 不定休
最寄り 瓜破6丁目 バス停

アクセス

ぜひお気軽にお越しください。
先進性

水素の力

水素はすごい!

水素吸入療法は水素ガスを酸素とともに吸っていただく画期的な治療法です。

Puretyの水素吸入療法は体全身で水素を取り込んでもらうと言うすごい療法です。

水素はこの宇宙所最も小さい原子。だからだ体の隅々まで水素を取り込んでいただけるカプセルなのです。

これは全世界で初めての治療法です。

これまで、水素ガスは様々な病気や病状に対して効果のあることが動物実験で示されてきました。

しかし、ヒトに対して、本当に効果があるか否か、これまで全く試されてきませんでした。

また、水素ガスは酸素ガスと反応して爆発する危険があることは広く知られていますが、その危険のない範囲で用いることができるようになりました。

今回の水素吸入療法が確立されれば、様々な場面で水素吸入を行うことができるようになります。

水素吸入自体には、大掛かりな装置は不要ですので、簡便で効果的な治療が行うことができます。

大きな病院以外でも、大きな医療機器がなくても施行可能な画期的な治療なのです。

水素力
サンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト
Point
1

落ち着いた雰囲気とこだわりの技術

 

今回、水素吸入療法を行うのは、心停止後症候群と言われる状態を対象にしています。心停止後症候群とは、病院の外で、突然に心停止(心室細動と呼ばれるような不整脈が突然発生することによっておこります)になり、救急蘇生術によって心臓の鼓動が再開したけれども、脳をはじめとした臓器の機能が損なわれた状態です。心停止後症候群になると、一部は、完全に回復して後遺症をほとんど残さずに社会復帰を果たされますが、高度の障害が残って、寝たきりの状態や、いわゆる植物状態のような状態になられることがあります。これに対して、従来、低体温療法(現在は体温管理療法と呼んでいます)と呼ばれる集中治療を行って、脳のダメージを最小限に食い止める努力を行ってきましたが、それにも限界がありました。  今回の水素吸入療法は、この体温管理療法に加えて、水素ガスを酸素に加えて吸入していただくものです。爆発の危険のない、2%水素を18時間だけ吸っていただきます。心停止後症候群の社会復帰がさらに増えることを期待しています。  なお、水素吸入療法は、まだ確立された治療法ではありません。この先進医療技術は、水素吸入療法が有効か否かを確かめるために行われます。有効か否かを確かめるには、水素が入っている酸素と窒素を吸っていただく場合と水素の入っていない酸素と窒素を吸っていただく場合とで比較を行う必要があります。さらに、科学的に最も精度良く検証するために二重盲化と言って、この吸入を行う医師も吸入する患者さんも、水素が入っているか否かがわからない状態にします。このようにして、本当に水素吸入療法が治療法として優れているのかを確かめることになります。

Point
2

水素の効果

水素ガスは体内で様々な有害物質を無毒化できるのではないかと期待されています。今回の心停止後症候群では、主に脳の機能に焦点を当てて、心停止になった時の脳の酸素不足のダメージを水素によって軽減しようとするものです。これによって、心停止後症候群から回復して社会復帰を果たす方が増えることを期待しています。  また、水素吸入療法は世界初の治療法です。この技術が確立されれば、心停止後症候群以外の病状にも応用が容易になります。水素吸入自体には、大掛かりな装置は不要ですので、簡便に効果的な治療が行えるようになります。まさに画期的な治療です。

Point
3

サンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

Contact

お問い合わせ