人気
大阪平野区喜連瓜破駅スグ
介護脱毛ならPuretyがおすすめ!
Point
1

産婦人科医の本音

「人間の体は大事なところに毛が生えるようにできているといわれていましたが、それは大昔、裸で暮らしていたときに体毛が必要だった名残りであって、今はどちらかというと不必要ではないでしょうか。特にデリケートゾーンが不衛生であったり、不潔であったりするのは絶対に良くないと思います。」

「特にIゾーンやOゾーンのあたりは、排泄物や経血がアンダーヘアにこびりついたり、腟の中にアンダーヘアが入り込んだりすることもあるため、不衛生になりやすいのです。だからこそデリケートゾーンを美しく清潔に保つために美肌冷却脱毛をお勧めします。」

 

 

 

Point
2

介護士が勧める介護脱毛

「介護される側、特に女性の場合は、「汚いことをさせてしまっている」という申し訳なさを感じる人が多く、排泄介助のたびにごめんなさいと謝る人も少なくありません。」

「介護脱毛によってムダ毛を処理することで、少しでも介護する側の手が楽になるようにと考えることは、実際にお世話に掛かる時間を短縮できるというメリットだけではなく、介護される側の精神的なストレスを軽減すると思います。」

「おむつ交換の時、毛に絡みついた汚物が固まり、カピカピの状態になっていたのを清拭したときに、「痛いじゃない!」と、強く抗議されるときがあります。自分が介護される立場になったときに、こんなこと言いたくないと思ったことで、私自身、脱毛をするきっかけとなり介護脱毛をしました。」

「 アンダーヘアで困るのは、お通じが軟らかいときですね。軟便で排泄物が毛にべっとりとついてしまって洗うのが大変。しかもその毛が性器の中に入り込んで感染症になった方もおられます。」

「介護される方は入浴も週に2~3回で毎日お風呂に入れません。そのため不衛生になって臭いがしたり、かゆみが出て、爪でひっかいて傷になり膿んでしまって大変でした。」

 

Point
3

看護師が勧める介護脱毛

「尿の管を止めていたテープが下の毛にベったりくっついて、外すときに毛が絡まってしまい困ったことも!患者さんのほうが恥ずかしそうにしていました。毛が邪魔だとまでは思いませんが、脱毛されている方が排せつケアはしやすいと感じています。とくにお通じに関して は、毛がふさふさで濃いとちょっと大変です。」

「入院されている患者さんはお風呂にも入れませんからアンダーヘアがあるとなかなか排せつ物がキレイに拭き取れず、肌が荒れたり、皮ふがめくれたりしてとても大変っです。ましてや傷ついた皮膚にばい菌が入ってひどくなった患者さんもおられます」

 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-4305-3236 06-4305-3236
受付時間:10:00~18:30
Contact

お問い合わせ

NEW PAGE

関連記事